フライターグ FREITAG F77 BEN 廃盤 ショルダーバッグ MOSS ショルダーバッグ
フライターグ FREITAG F77 BEN 廃盤 ショルダーバッグ MOSS ショルダーバッグ
m81310588580-1859-hFX
17,160円 26,400円

廃盤 FREITAG F77 BEN ビジネスバッグスイス発のトラックの幌をメインマテリアルに使用したバック。デザインは様々な幌をランダムに裁断し作られる為全て一点物となります。また幌はヨーロッパ圏内を走り込んだトラックの使用済である為、汚れ、傷等の使用感があるのもこのブランドの特徴です。「BEN」は製造が終了した廃盤モデルである為探されている方も非常に多く、また非常に珍しいシルバー単色のデザインのものとなります。パソコン用のガジェットスペースやパスケースようポケットもついており、手持ち、ショルダーと持ち方も2WAY仕様でビジネスだけでなくプライベートや自転車に乗られる方にも是非使って頂きたいです。サイズW:39cmH:29cmD:11cm多少の誤差はご了承下さい。LOUNGE LIZARDWJKJUNHASHIMOTO1piu1uguale3guidiDEVOAAKMSTRUMVADELbacklashattack the mind 7ACANTHUSmini harris wharf londonKAZUYUKI KUMAGAIACANTHUSACRONYMNULABELPortvelD. HYGENJOHN ELLIOTTCIVILIZEDIeribミハラヤスヒロリチウムオムファクトタムBackboneシェラックジョンローレンスサリバンラッドミュージシャンカルペディエムジョルジオブラットVisvimノンネイティブUNDERCOVERName.auraleecomoliYAECAFilMelangeGraphpaperuniversal productsFRANK LEDERPorter ClassicSTUDIO NICHOLSONO PROJECTOrcivalcasey caseyJonstonsFaliero SartiSteven AlanMARGARET HOWELLMAISON KITSUNEENGINEERED GARMENTShenderschemeN.HOLLYWOODTEATORA Iroquois THEE OLD CIRCUS KiryuyrikWhite mountaineering
Skip to main content じゃじゃぽいさん 専用

日本 - リコーグループ企業・IRサイト しゃむ様専用 AMERI アメリDAMASK JACQUARD LOAFER
AQUOS R2 Compact SH-M09 キーホルダー シュプリーム office365soro
Main content

フライターグ FREITAG F77 BEN 廃盤 ショルダーバッグ MOSS ショルダーバッグ

研究員
木下 紗江

 以前、海外事情に詳しい友人と話をしていた時のこと。「今度、長期休暇を取得したらアメリカに行ってみたいな」とか、「アメリカでは今こんなものが流行っていて、今度日本にも初出店するらしいよ」―。などと威勢よく『アメリカ』『アメリカ』と連呼していたら、友人がさらっと一言。「ちなみにさ、むこうでは"アメリカ"のこと、『アメリカ』って言わないよ。『ユーエス(US)』って言うの」―

 どうやら「アメリカ」というと、カナダやメキシコ、グアテマラ、ニカラグア、コロンビア、ブラジル、チリ、アルゼンチン、さらにはキューバやプエルトルコといったカリブ海の島々まですべて含めた、アメリカ大陸を指すらしい。決して、「アメリカ」は、アメリカ合衆国という一国だけを指す言葉ではないようだ。

 確かに日本語にも、北米(North America)、南米(South America)、中南米(Central and South America)、ラテンアメリカ(Latin America)といった言葉がある。"米(アメリカ)"=アメリカ大陸。なのに、なぜか日本の学校教育ではずっと「アメリカ」=アメリカ合衆国と教えられてきた気がする。

【ほぼ新品】ニトリ ノンフレームスタンドミラー

 考えてみれば、これは外国人にとっての日本語も同じことだろう。私が高校生だった頃、近所に住む親戚の家に、マレーシアからの留学生がホームステイしていた。「日本が大好き」という彼女は、年齢が近かったこともあり、時折私の家に遊びに来ることがあった。家で一緒に遊んだり、おしゃべりをしたり、ご飯を食べたりすることもあれば、一緒に街に出掛けてプリクラを撮ったりした。当時の一般的な日本の女子高校生がやっているような遊びである。

 彼女はとても真面目で、もともと母国で日本語を勉強していたそうで、既に日本語が上手だった。ただ、そんな彼女が、特に苦労していたのが、日本語のものの数え方。といっても、勉強熱心な彼女は、「1(いち)、2(に)、3(さん)、4(し)・・・」という数え方はもちろん覚えている。その上、彼女は「1つ(ひとつ)、2つ(ふたつ)、3つ(みっつ)、4つ(よっつ)・・・という数え方も知っているよ」とにっこりと笑うのである。もう、ものの数え方はばっちりではないか。

 ところが、ご飯を食べるとき、お箸の数え方は「一膳、二膳、三膳・・・」、ものを書くとき、鉛筆の数え方は「一本、二本、三本・・・」、庭に遊びにきて戯れている猫を数えるときは「一匹、二匹、三匹・・・」。これには、彼女も次から次に覚えるものが増えて、何がなにやらといった感じで、とても苦労していた。

 このようにものの数え方が複雑なのは、日本特有らしい。洋服を買う時に「このTシャツを1つください」というのは変だし、本を買う時、「この本を1つください」というのも変だ。日本人は、家庭や学校教育の中で、少しずつ物の数え方を習得していくが、外国人にとってこれら一つひとつを覚えていくのは、至難の業のようだ。

 現地の言葉の微妙なニュアンスをきちんと理解して、適切に使い分けるというのは本当に難しい。と思っていたら、今年1月に米大統領に就任したトランプ氏が掲げるスローガンは「Make America Great Again」と「America First」―。あれ、しっかり「アメリカ」って使ってる。

確認専用

【限定1set】ウェルカムスペース まとめ売り

木下 紗江

TAG:

※本記事・写真の無断複製・転載・引用を禁じます。
※本サイトに掲載された論文・コラムなどの記事の内容や意見は執筆者個人の見解であり、当研究所または(株)リコーの見解を示すものではありません。
※ご意見やご提案は、VETEMENTS CARTOON HOODIE【登坂広臣着用】

ほぼ未使用■グッチ■軽量 PVC GGプラス ショルダーバッグ ユニセックス

RADOFOTOGRAFIA.PL RSS